先生の想い

主宰講師  西真伊です。

 

「ピアノがこころのよりどころに」

「ピアノが一生の友達になれるように」

 

をモットーに、

アットホームな雰囲気で、

笑顔になれる教室です。

 

ピアノを教えるにあたって、

それぞれの個性に応じて

無理な段差を無くすような「ゆるやか」 

バリアフリーなレッスンを心がけています。

時には、『乗り越えるともっと音楽が楽しくなる』大きな壁を、

一人ではなく、一緒に乗り越えることもあります。

 

皆さんがもっともっと楽しく音楽を楽しめるように、お手伝いをしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

経歴

生まれて間もなく、

母によって、クラシック音楽、童謡レコードに親しみ、


3つ年上の姉が習っていたピアノを、どうしても習いたくて
毎日毎日母にお願いし、

やっとのことで就学前3歳よりピアノを習うことができました。

楽しく感性のおもむくままに弾く私と、教育熱心な母、
そして上手に弾けるとシールをもらえる、とっても嬉しいピアノ教室とともに、毎日ピアノと過ごす日々。


学校から帰ると、

どこかで聴いた、憧れの曲を思い出しては、耳コピで弾き、

メロディーさえわかれば、左手も適当に合わせて、

それは楽しい時間でした。

 

今から思うと、絶対音感がついてたからこそ、
更に音楽と仲良くなれることができたのかな、と感じます。

 

図書館員だった私ですが、

二足の草鞋でこっそりピアノも教えていました。


3人の出産を経て、ピアノ教室を再開!

子供がいるからこそ、更に子ども目線でのレッスンに幅ができました。

 

音楽が大好き!ピアノを教えるのが大好き!

生徒さんたちが楽しくピアノが弾けるように、

 

そして、ピアノを上手に弾きたい!という皆さんの思いを大切に、

色々なことを一緒に乗り越えていきたいと思います。

 

 

 

絶対音感プログラムへの想い

 

 

テレビから流れてくる曲、CDから流れてくる音楽、街でも気になる曲をピアノでぽろぽろと弾いていた毎日。

幸運にも、ピアノを習うことで絶対音感がついた私。

一緒に習っていたお友達は
「どうやって弾くの?」
と興味深々で見てくれていました。

 

絶対音感は遺伝だ、絶対音感を持っている人は天才だ、

という時代は過去のことです。


音楽をもっと楽しくしてくれる「絶対音感」

今はおけいこで、殆どのお子さんが身につけられる力です。

 

6歳までにおけいこをはじめることが条件です。
なるべく早く始めることが、より質のいい絶対音感をつくります。

 

 

 

 

 

取得資格

絶対音感指導経験

ヤマハ指導グレード5級
ヤマハ演奏グレード5級

「一般社団法人全日本らくらくピアノ協会」京都支部1級認定講師
関西大学大学院 英語英文学科卒業

 

 

―――――――――――――――――

 

先生の想い

レッスン案内

生徒さんの声

お写真

講師紹介

日記

アクセス

お問合せ

6歳半までに始める絶対音感とは?

シニアから始めるピアノって?

 

―――――――――――――――――

 

西まい